« 帰国の荷物 | Main | 光熱費 »

02/01/2007

水砥石と乙女

 ピカディリー周辺で半日CDと本を物色していました。けれども結局、書評誌を一冊買っただけです。今、日本に送る荷物を箱に詰めはじめていて、極力荷物を減らそうとしているのです。

 CDはMP3などにしてしまえばかさばらないので、日本から数百枚分は持ってきていますが、それでも持ってこなかったものに限って聴きたくなります。イギリスではそれほどたくさんのCDは買っていません。

 本はそれほどたくさん持って来れませんが、それでも手元においている本は多いほうだと思います。置いていけるものは置いていきたいのですが、すでに入手困難なものもけっこうあって、これは置いていくわけにはいきません。

 バースに置いていけば、後輩のためになりそうなものもあるのですが、それは自分もこれから使えるものなので置いていけません。置いていけるようなものは、本当にどうでもいいような本ばかりです。

 簡単に手に入るようなものでも、それなりに値の張る本は持ち帰ったほうがいいように思えます。重量を減らすために高い本を置いて帰って、わざわざ買いなおすならどちらが得になるかわかりません。

 もちろん金銭的な損得は計算すればわかるのですが、正確な判断のためには肉の量り売りに使うような正確な重量計を今から購入する必要があります。さらにその重量計を持って帰るとなると、その重さを正確に測るための器具も必要です。

 もともと私のコースはそれほどアカデミックなコースではないので、それほど本が多いわけではないと思います。たぶん博士課程などに研究目的で留学している人なら、何倍もの本を送ることになると思います。

 ウォーターストーンでは、芥川龍之介や三島由紀夫の小説がジャック・ケルアック、トーマス・ピンチョン、カート・ヴォネガットなどのアメリカ作家に混じってカルト小説のコーナーに並んでいました。

 ヴァージン・メガストアでは、スティーヴ・ライヒのニューヨークでのライブ盤を見つけ、手にとって迷った挙句、思いとどまりました。以前は、CDショップに入ると何枚ものCDを束にして買っていたものですが、ここ数年はかなり慎重になっています。留学資金を貯めていた際の節約癖が抜けていないのかもしれません。

人気blogランキングに協力する YES
英国留学のみで見ると1位です! でも週間支持率13%
出国まであと7日

Dscn3649r

|

« 帰国の荷物 | Main | 光熱費 »

Comments

石塚さん

 こんばんわ。大仏です。出国まで残すこと一週間ですね。ここにきて、ランキングもウナギ登りじゃないですか。私も少しは貢献できたでしょうか。
 ブログでは毎日写真が掲載されていて、これまで楽しく拝見させていただきました。帰国されてから、ブログは続けられるのでしたか?いつかのブログで書いていらっしゃたような気もしますが・・・・・
 では、また日本でいつかお会いできるのを楽しみにしております。

Posted by: 奈良の大仏 | 02/02/2007 at 01:09 PM

大仏さん

おかげさまでランキングも上昇してきていますが、まだ支持率は10%台前半です。こんな体たらくではアメリカの大統領にはなれそうにありません。もちろん応援してくださった方々にはとても感謝しています。
では、帰国したらまた押熊あたりで飲みましょう。突然、電話するかもしれないので注意してください。

Posted by: 石塚 | 02/03/2007 at 12:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/13751641

Listed below are links to weblogs that reference 水砥石と乙女:

« 帰国の荷物 | Main | 光熱費 »