« 書名 | Main | 水砥石と乙女 »

01/31/2007

帰国の荷物

 航空便の荷物はたいてい1週間もあれば届くものと高をくくっていました。日本に荷物を送るための書類を記入していて、困ったことに気づきました。荷物の到着は私の入国時を基準にして1週間から10日後になるそうです。

 これは日本への帰国者専用の便で、送る荷物は帰国に際しての別送品扱いになり、ある範囲までは関税免除の対象になるそうです。本人が帰国しないことには手続きが始まらないのです。むろん通常の郵便物扱いでも送ることはできるわけですが、そうなるとその会社の別部門の扱いで、別注、別払いで、かつ関税がかかるとのことです。

 私の帰国は15日。20日にはスーツを着ねばならない用事があります。日本にも冬物のスーツはありますが、着たいと思えるものではありません。帰国者用の荷物にスーツを入れておくと20日には間に合いません。

 中国旅行は小さめの鞄を使う予定だったのですが、やはり大きなスーツケースを使ったほうがよさそうです。あるいは当面必要なものだけ、別便で送るという手もあります。

 日本での日程を組んでいて、ひさびさに日本の路線案内を使いました。日本にいたとき、自分がどんなふうに新幹線の切符を買っていたのかを思い出すまでに少し時間がかかりました。

 体調は完全に戻りました。

人気blogランキングに協力する YES
もう最後なので胴上げがわりにあげてください。
出国まであと8日

Dscn3633r

|

« 書名 | Main | 水砥石と乙女 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帰国の荷物:

« 書名 | Main | 水砥石と乙女 »