« 油断 | Main | 頭部 »

01/06/2007

解体

 新鮮な魚が手に入るんだけど、という一言がすべてのきっかけでした。スターバックスでアルバイトをしている元クラスメートが、最近、常連客の魚の卸商人と親しくなったということで、生きのいい魚を仕入れて刺身にしようというのです。

 当初、またうちのフラットを使う予定だったのですが、話の成り行きで、バースでお世話になった恩師宅に押しかけてしまいました。

 元クラスメートが魚を入手したのは朝9時です。鮭まるごと一匹と鰯を保冷容器にひと箱、さらに貝柱。締めて70ポンド分が黒いビニール袋に入っていました。先生のお宅に到着したのは10時半頃、それから市場への買い物にも行った以外は、キッチンに立ちっぱなしで料理をしていました。

 なによりも大変だったのは、鮭の解体です。日本では年末に新巻鮭を解体したことは何度かありましたが、今回は魚を切るための包丁もなく、スーパーで売っている状態までこぎつけるのが一苦労でした。

 素人が捌いたので見かけはいまいちですが、すべての食材はさすがに新鮮で、どれもおいしかったです。鮭も鰯も、本来、生で食べるのが難しい食材です。この鮭、スコットランド産らしいのですが、一旦冷凍されたものなのでしょうか。多少気になります。

 魚を仕入れてきたクラスメートは、どうせ明日は休みだし、多少危なくても私は生で食べたい、と言っていました。私もその心意気を買って、鮭のにぎりまでつくってしまいました。

 感銘を受けたのは恩師の手際のよさです。ふだんほとんど料理をしないような口ぶりであったわりには、思いのほかてきぱきと美しい盛り付けをしてみせるのです。

 最後は巻き寿司のコンテストになりました。参加者が順に巻き寿司を作るのです。おかげで南ア人、ロシア人、スコットランド人の作った貴重な寿司を食べることができました。

 イギリスに来るときに加入した留学生保険も9月で切れています。頼みの綱はNHSのみです。本当に大丈夫でしょうか。

人気blogランキングに協力する YES

Dscn3279r

Dscn3282r

Dscn3291r

Dscn3292r

Dscn3299r

|

« 油断 | Main | 頭部 »

Comments

おおおっ、Mほさんがおっしゃってたお魚ですよね?すごいっ、こんなに大きいんだ~!リッチな感じですね~ξ*^▽^*ξ

Posted by: kei | 01/07/2007 at 03:55 PM

すごーい!本格的ですね!
お寿司は新鮮なものに限りますね~
お腹は大丈夫でしたか??

Posted by: リナ | 01/07/2007 at 06:56 PM

Keiちゃん

そう。あの魚。皮も骨も固くてねー。切り分けるだけで腕がだるくなった。これ、技術云々というよりも、力が勝負だよ。包丁のせいもあるけれど、やっぱり女性にはきついと思う。

リナちゃん

ロンドンではいろいろな食材が手に入ることもあって、こんなことばっかりやっているよ。心配なのは、食あたりよりもむしろ寄生虫なんだけど、今のところ別状はないね。

Posted by: 石塚 | 01/08/2007 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/13366096

Listed below are links to weblogs that reference 解体:

« 油断 | Main | 頭部 »