« 雉を買う | Main | 夜の眼 »

11/04/2006

祭りのあと

 今朝、昨晩から泊まっていた友達が帰る前にもう次の来客がありました。またMAITの同期で、今日はランゲージ・ショーに行く予定だったらしいのですが、うちに来て話すうちにあまり行く気がなくなってきたようで、結局、昨日仕入れてきたキジを一緒に料理することになりました。

 逐次の訓練も一緒にしました。大学院の授業が終わったのは5月なので、気がつくともう半年ちかくたっています。今日のメンバーの半分は私の通訳をあまり聞いたことのない人たちだったので、緊張感がありました。

 キジのワイン煮は思いがけないおいしさでした。見た目の豪華さもさることながら、自宅のリラックスした雰囲気のなか、気心の知れた仲間と一緒にこれだけおいしいものがたべられるのは素晴らしいことです。

 値段も高くないし、今度はハトにも挑戦してみたいところです。ただし、ソフィアが嫌がる可能性が高いので、こういう料理は週末限定です。食べてみたい人は週末に来てください。

 今日はガイ・フォークス・デーのボン・ファイヤーで食事中から、花火の音が聞こえていました。

 せっかくロンドンにいるのだから、テムズに上がる花火でも見ていこうという話になりました。去年、ちょうどこの日はロンドンにいて、花火に誘われたのですが、課題に追われていて、そそくさとバースに帰った記憶があります。今日は、気まぐれに外に飛び出しました。

 途中、小さな花火はいくつか見えたものの、目的の会場についたのは22時過ぎで、すでに花火は終わっていました。公園のゴミ箱の周りにはいろいろな酒の缶やビンが散乱していました。

人気blogランキングに協力する YES

Dscn1632r

Dscn1634r

 

|

« 雉を買う | Main | 夜の眼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/12559547

Listed below are links to weblogs that reference 祭りのあと:

« 雉を買う | Main | 夜の眼 »