« タイミング | Main | 冷たい水 »

11/23/2006

77番地のトム

 夕方、Sがフラットに戻ってきて、今日の郵便物を確認したかどうか尋ねました。今日は一日中、部屋に閉じこもって翻訳の仕事をしていたので、玄関先にも出ていません。

 Sが言うには、変な郵便物が我々のフラット宛に届いているというのです。切手の貼られていない絵葉書は、誰かが直接、フラットの郵便受けに投げ込んだようでした。そこに書いてあったのはこのような内容です。

 75番地の1階の人へ。こんにちは。あなたのところのボイラーが夜遅くにすすり泣くような声を立てるのを止めていただけませんか。眠っているのに起こされるんです。よろしく。77番地のトムより。携帯078*********。

 Sは、ボイラーってなに、などととぼけています。うちの暖房がセントラルヒーティングで、キッチンにあるガス式のボイラーで全室の暖房をコントロールしていることなど、いちいち説明せねばなりません。

 ボイラーの騒音などまったく気にしたことがないので困惑しました。もしかすると騒音の原因となる室外機でもあるのかと思い、77番地との間を確認してみましたが家の外にはなにもなく、ボイラーを使用してもその音は聞こえません。聞こえるのはむしろ風が枯れかけた植物の葉をゆする音くらいです。

 Sに命じて、トム氏への返事を書かせました。我々に思い当たる節はない。我々のボイラーはとても静かでなんの騒音も立てない。もしかすると2階の住人のせいかもしれない。

 これが趣旨だったのですが、Sの文面には、我々のボイラーはふたつでひとつが暖房用でもうひとつが電気ポットだと書かれていました。

 夜、いつも一番遅くまで起きているXが早めに寝室に行きました。昨日は徹夜で翻訳の仕事をしていたのです。Sも寝てしまい、私はビールを取りにキッチンに行きました。

 すると確かにボイラーの音が聞こえるのです。途切れ目のない高周波です。笛の音のような焼いも屋の屋台のような音です。リビングにいればまったく聞こえない音で、今まではまったく意識することのなかった音ですが、確かにこれはうちのボイラーの音です。

 77番地のトムにはこの音がとても気になるようです。たぶん気にしだすとますます耳につくのでしょう。閑静な住宅地なので昼間はまったく気にならない音も夜になると際立つのかもしれません。

 それにしても自分の家の暖房に言いがかりをつけられるとは想像すらしていませんでした。

人気blogランキングに協力する YES

Dscn2315r

|

« タイミング | Main | 冷たい水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/12802716

Listed below are links to weblogs that reference 77番地のトム:

« タイミング | Main | 冷たい水 »