« 性善説 | Main | Hドライブ »

01/23/2006

皆の食事

 通訳・翻訳コースの試験は先週の木曜で終了しましたが、他のコースの試験はまだ続いています。フラットで、すでに試験が終わったのは私だけです。

 フラットの入り口の扉など、寮のあちこちに掲示が張り出されており、試験期間中の注意事項が書かれています。部屋に友達を連れてこないようにとか、適度に休憩を取るようにとか、きちんとした食事をとるようにとかいった内容です。

 昨日、私が料理をしていたところ、フラットメイトたちが妙にうらやましそうにしていました。自分たちは試験中でゆっくり料理をする余裕もないために、私がじっくりと作っていた和食らしきものが美味しそうに見えたようです。

 わけてあげたい気持ちはやまやまだったのですが、昨日はそれほどの人に分けるほどの量を作っていなかったので、翌日、私がみんなの文を作ることを約束し、自分の食事を部屋に持ちこんで食べてしまいました。

 今日は約束どおり、みんなの分を作りました。とりたてて日本らしいものを作ったわけではありません。スーパーで安かった材料、つまり鶏肉と野菜などを煮ただけです。ただ出汁と味付けだけは和風にしておきました。あとはロンドンで買ってきた餅に醤油と海苔をつけて出しました。

 思いのほか好評でした。みんな試験で疲れているようです。

 今度は他のフラットメイトが順番に自分の国の料理を作ってくれるそうです。ロシア料理とインド料理と中華料理が食べられます。

同じような材料を使っても、ロシア人が作るとロシア風に、インド人が作るとインド風になるのが不思議です。結局、こうした場合、無理にいかにも和風なものを作る必要はないと思います。

 不思議なことに中国人のフラットメイトは、今度、寿司を作ってくれると言っていました。日本文化が好きで巻きすまで持っているのです。けれどもロシア人のフラットメイトに寿司飯には酢を入れるのだと聞いて驚いていました。できれば寿司は作りたくなかったのですが、やはり作ることになるのでしょうか。

人気blogランキングに協力する YES

PICT0002

|

« 性善説 | Main | Hドライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 皆の食事:

« 性善説 | Main | Hドライブ »