« 禁制品 | Main | 乞連絡 »

08/22/2005

本を送る

 イギリスに送る荷物の大半を占めるのは、衣類と本です。

 印刷物を送る場合、そのほかのものを送るよりは送料が安くなるので、本は他の荷物とは分けて荷造りする必要があります。

 通訳や翻訳に必要な調べ物は、電子辞書かインターネットに頼る部分が大きく、優れた電子辞書を持っていれば、それだけでかなりの作業を省くことができます。とはいえ、紙の印刷物もまだまだ必要です。

 大学のほうから指定してきている本はこんな感じです。

Primary Dictionaries

  1. 英和・和英大辞典
  2. リーダーズ英和辞典
  3. 国語辞典
  4. 現代用語辞典 (イミダスなど)
  5. 漢和辞典 漢字源など
  6. 日本語類語辞典
  7. 国際会議・英語討論のための表現事典)
  8. English-English dictionary
  9. English Thesaurus

Other Reference Materials

  1. コンピューター用語辞典
  2. カタカナ外来語・略語辞典
  3. ビジネス・技術用語辞典
  4. 科学辞典
  5. 分解博物館
  6. 経済・貿易・政治・金融に関する参考書または表現集
  7. 敬語に関する参考書
  8. 日本文化に関する本
  9. Japanese or Japanese-English Character Dictionary
  10. その他、自分の興味のある分野や、苦手な分野の参考書や表現集
  11. ポケットサイズの辞典

General business customs/relations guidebooks (Japanese and English) [Especially for those people with no business experience]

 イギリスに留学するとはいえ、専攻が日英の通訳・翻訳なので、日本語の文献の必要性は高くなります。当然そういう文献は今のうちにそろえておいたほうが楽です。

 リストに挙がっている文献の多くの部分は、私の所有している電子辞書に収録されています。とはいえ、その他にも今まで自分が使って便利だったものはもって行きます。選定した本の量を眺めると、たぶん留学目的の渡航としてはまったく多くはないと思います。それでも送らねばならない本の重量を15kg以下に抑えるのは難しそうです。

 それはともかく送り方には一考が必要です。例えば5kgの一般小包を郵便局から航空便でイギリスに送る場合、10,150円かかります。船便の場合は4,000円です。それが印刷物の場合は、航空便で5,460円、船便だと2,700円ですむのです。

 さらに学術刊行物の場合、5kgなら1,350円で送れます。

 では、学術刊行物とはなんなのか。当然、学会誌などは含まれるでしょう。しかし専門の辞書などはどうなのでしょう。これも分けて送ったほうがいいのでしょうか。確認のため、郵便局に電話で問い合わせました。

 郵便局の回答によると、学術刊行物とは、学術団体が郵政省の認可を受けて郵送する刊行物のこととのことです。つまり個人が郵送する場合は、学会誌であろうが一般の書籍と同じ扱いになるそうです。

 せっかく学会誌だけ分けたのに、もう一度荷造りをやり直しです。

 ご覧のとおり、リストにはかなり漠然とした指定もあります。「日本文化に関する本」とは、何を指すのでしょうか。『葉隠入門』『陰影礼賛』『「いき」の構造』なんかどうでしょう。あるいは『菊と刀』『不思議の国ニッポン』『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という手もあります。

人気blogランキングに協力する YES

|

« 禁制品 | Main | 乞連絡 »

Comments

初めまして。9月より同じコースに留学する瀬川みずほと言います。いつも楽しく読ませてもらっています。私もちょうど今荷造りをしているのですが、指定された参考文献全てきっちりそろえられたんですか?私はこれからそろえるのですが(遅い?)アマゾンで探しているうちに頭が混乱してきてしまって・・・そろえるにしても安い買い物ではないので間違った物を買ってしまうのは避けたいなーと思ったりして。もしよかったらother reference materialsで実際に持っていかれる本の名前なんて教えてもらったりできます?準備ってほんと大変ですね!

Posted by: Mizuho Segawa | 08/22/2005 at 05:06 PM

瀬川さん:
 はじめまして! コメントありがとうございます。9月から同じコースで勉強できるんですね。お会いできるのが楽しみです。
 本については、完璧にそろえているわけではありません。洋書などは、わざわざ日本に輸入してからイギリスに送る必要はないわけですし。
 もちろん『葉隠入門』や『不思議の国ニッポン』はもって行きません。趣味でもっていく小説などはありますが。
 具体的なことはメールでお答えします!

Posted by: 石塚 | 08/23/2005 at 02:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/5585807

Listed below are links to weblogs that reference 本を送る:

« 禁制品 | Main | 乞連絡 »