« 木の魚 | Main | 豊作 »

08/17/2005

留学生保険

 留学生保険を申し込みました。ブリティッシュ・カウンシルの説明会などではAIUの英国留学生専用保険の資料を配布していましたが、私はエース損害保険にしました。

 選択の決め手は、13ヶ月という期間での契約ができたことです。

 私の調べた範囲では、留学生保険は12ヶ月まではひと月単位で設定されているのですが、それを超えると1年単位でしか申し込めないところがほとんどでした。つまり13ヶ月という中途半端な期間の申し込みができないのです。

 この場合、2年間で申し込んで不要部分を帰国後解約するか、1年で申し込んで不足部分を延長するか、あるいは1ヶ月は保険なしですごすか、ということになるようです。

 13ヶ月の予定で留学するのに、解約あるいは延長の手続きをとるのは面倒です。特に延長の場合、日本にいる両親などに代理契約してもらうことになるそうです。かといって不足分を保険なしですごすとなると、帰国の前後のリスクの高い時期が無防備になるので、保険をかける意味が著しく損なわれてしまいます。

 始めから13ヶ月で契約できるなら、余計な手間が省けます。細かいサービスに多少の違いがあったとしても、そもそも保険を使うことになる可能性はそれほど高くないはずです。

 ただし、この13ヶ月云々というのは、私が当たってみた代理店での話なので、もしかするとAIUなどでも13ヶ月で申し込める代理店もあるのかもしれません。

 また、私にとってさほど重要な選択基準ではなかったのですが、私の加入した保険には5万円までの歯科治療も保険対象に含まれています。こうした保険の疾病治療費用保険には、歯科の診療が保険の範囲に含まれないのが普通です。

 緊急一時帰国費用は、保険をかけておくべきかどうか迷いました。かけるとすれば、15,000円ていど上乗せです。2親等以内の親族が危篤などの際に40万円までの費用が補償されます。

 これは結局、かけませんでした。数百万単位の出費は自分で負担するとなると大きなダメージを受けますが、帰国に必要な費用くらいなら、いざとなればどうにでもなります。それに自分の病気や事故の後遺症などの際には、必要な費用を稼ぐために働こうにもままならない可能性がありますが、親族の不運なら自分は働けるわけです。帰国が必要となったときには、割り切ることにします。

人気blogランキングに協力する YES

|

« 木の魚 | Main | 豊作 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/5508363

Listed below are links to weblogs that reference 留学生保険:

« 木の魚 | Main | 豊作 »