« ゴッホ飴 | Main | こんにちわ(1) »

06/30/2005

また失敗

 バース大学の大学院の授業の開始は103日ですが、それに先立ち926日から留学生のためのオリエンテーションがあります。

 さらに私の入学予定の通訳・翻訳のコースは、912日からの英語準備コースが必修となっています。

 大学院の合格通知をいただいたのが4月初旬で、その直後に10月からの学生寮の申し込みをしました。9月の準備コースの寮は、別に申し込みをせねばならないそうです。正直、面倒に感じましたが、大学側としては、9月はまだ今年卒業予定の学生もキャンパスに残っているし、調整が複雑なのかもしれません。

 準備コースの寮は526日に申し込んだはずです。それなのに、なぜか昨日、まだ申し込みがすんでいないとのメールが届きました。

大学院の出願以来、バース大学とのやりとりは、メールも書類もすべて残してあります。寮の申し込みも、ファイルにコピーが残っています。わけがわかりません。5月のメールを読み直して、自分のやったことを反省してみました。

 どうやら提出先を間違えたようです。前回の書類は、メールの末尾にアドレスが記載されていた学生寮の担当者に提出したのですが、本当はイングリッシュ・ランゲージ・センターという事務所に送らねばならなかったのです。

 同じ大学内なのですから、書類を回してもらえそうな感じもするのですが、そうはいかないのですね。でも確認の連絡をいただけるだけでもありがたいことです。もう一度書類を作成し、郵送しました。

 入学選考のときの連絡メール破棄に続き、2度目のミスです。気をつけないと。

|

« ゴッホ飴 | Main | こんにちわ(1) »

Comments

blogを読んで、同じようなシチュエーションを思い出しました。

僕は今回行く大学院が、初めての海外の学校経験だったので、どこに書類を送ってよいのか?というトラブルにしょっちゅうなやまされました。

大学によっては、申し込み書類を、学部とアドミッションオフィスに送らなければならなかったりして、概念を理解するのに苦労しました。

寮は残念ながら私が行くところは、大学院生は寮は使えないらしく、自分で探すこととなりました。1回ぐらいは、大学の寮というのも経験してみたかったんですが・・・

でも、こういう経験ってドキドキするけどおもしろいですよね。

Posted by: Shiro | 06/30/2005 at 03:08 PM

こんにちは~
おじゃまします。ツネフジです。

めんどくさいですよね、すごい短期間なのに別でとらないといけないなんて…。てことは引越ししないといけない可能性が…

私はとりあえずどちらとも申し込みは済んでいるのですが、まだどちらも返事がありません。12日出発なのに、それまでには教えてくれんでしょうかね。

でも友達の話を聞いていても、本当にBathは対応がよいです。

では、先に行って待ってますね~

Posted by: tsunefuji takae | 07/01/2005 at 04:32 AM

一般にブロンドの髪のけばけばしい黄金色よりは、黒髪のみどりのほうが「いき」の表現に適合性を持っている。

なるほど、そうかもしれぬ。

なんてことを、やっていたらTOEICのスコアが返ってきました。

305点です。

ちなみにリスニングが170点、リーディングが135点でした。

良くご存知かとは思いますが、企業に就職する際評価の対象となるのが600点以上、専修大学の学部生の平均点が450点、高校生の平均点が300点です。

考えようによっては、300点を下回らなくて良かったともいえるし、これから点数を上げていく楽しみがあるとも、いえなくはないですが、点数を見た瞬間「ぐはっ」っと、なりました。

また、どちらかと言えば叩かれて伸びる方なので、中途半端に納得のいく点数を取るよりは、がんばれるかもしれません…。

Posted by: YS | 07/01/2005 at 12:19 PM

Shiroさん:
ぼくも今回の留学が初めての海外生活なのです。
しかも英語の再学習を始めてから、日本を出るのは初めてです。
今からとても楽しみです!
そちらの学校は、大学院生の寮がないんですか?!
出費が大変そうですね。
こちらは留学生の院生は、全員、寮が確保されます。
実際、行ってみないとどんなところかはわかりませんけど。

Posted by: 石塚 | 07/01/2005 at 05:19 PM

ツネフジさん:
 寮は1週間前くらいまでに決める、って、どこかに書いてあったような。
 いちおう、引越しはしないですむように努力はしてくれるそうですが、うまく手配できない場合もあるらしいですね。
 そういえば、今日、個別説明のときの担当者からメールが来てましたよ。また困ったことがあれば、なんでも訊いてくれ、という内容でした。
 他の大学のことはわかりませんけど、面倒見はいいですよね。

Posted by: 石塚 | 07/01/2005 at 05:26 PM

瀬渡くん:
そりゃ、「ぐはっ」とくるわ。
人数的には少なくないはずだけど、実際、あまり聞かない点数かも。
「TOEIC305からの英語勉強法」ってのも、いいかもね。
これから3倍にできるね!

Posted by: 石塚 | 07/01/2005 at 05:33 PM

石塚さん、こんにちは。
ふふ、イギリスならではなのか、外国ならではなのか・・
それとも、日本人の仕事がきちっとしているのか・・
こういう、ちょっとしたやり取りの面倒さが私は結構好きだったりします。
いろいろと大変でしょうけど、頑張ってくださいね。
陰ながら応援しております。
ところで、私がもうすぐ帰国、といったのは・・。
今のビザの期限が10月末までなのですが、ちょっとだけ延長して来年の3月まで滞在してみようかと思っているんです。でも、ビザの延長がうまくいかない場合は泣く泣く10月末に帰国になるかも・・ということだったんですよ。
そうなると、あと4ヶ月の滞在になっちゃうので・・!
では、また。

Posted by: さとこぉ | 07/02/2005 at 03:02 PM

さとこぉさん:
 なるほど。そういうご予定なのですね。
 ぼくのほうは今日、ビザが届きました! 案外立派なんで驚きました。2007年2月末まで有効だそうです。
 さとこぉさんのブログ、アムステルダムの写真、楽しそうですね。意外や意外、オランダって自転車大国だったんですね。そういえば、オランダの自動車メーカーって聞かないな。
 さとこぉさんのブログ「IGIEとTIF」は、人気blogランキング留学部門現在9位!たくさん写真がありますので、興味のある方は見てみましょう!

Posted by: 石塚 | 07/02/2005 at 04:17 PM

$B$3$s$K$A$O!#$d$C$Q$j@PDM$5$s$N1Q8lNO$O$9$4$$$G$9$M!#;d$O$^$@(BIELTS$B$r$N%/%i%9%a%$%H$5$s!"$H$F$b3Z$7$_$G$9$M!#>!/$7IT0B$K46$8$F$$$^$9!#@PDM$5$s$O$b$&$9$G$K%/%i%9%a%$%H$5$s$K$O2q$o$l$^$7$?$+!)%9%F%-$JJ}!9$@$H$$$$$G$9$M!#(B

Posted by: $B?9K\(B | 07/03/2005 at 12:14 PM

こんにちは。やっぱり石塚さんの英語力、すばらしいですね。私はIELTSをまだ受けたことさえないので、とりあえず受験するところから始めようと思います。18名のクラスメイトさん、楽しみですね。私の勝手な想像ながら通訳・翻訳のコースならば才色兼備な女性の方が多いのではないでしょうか。留学される方は割合からいうと女性のほうが多いと言う話を聞いたことがあり、33歳で野郎の私は少し物怖じしています。石塚さんはもうクラスメイトさんには会われましたか?ステキな方々だといいですね。

Posted by: 森本 | 07/03/2005 at 12:22 PM

すいません。メッセージに名前がありませんでした。上記の書き込みは森本です。

Posted by: 森本 | 07/03/2005 at 12:24 PM

森本さん、おひさしぶりです!
 そろそろぼくも英語が苦手で、とは言ってられない状況にはなっていますが、実感としてはまだまだですね。
 通訳・翻訳を目指すのは女性が多いというのは間違いないです。クラスで男性は自分ひとりということも珍しくはないです。バース大学のクラスメートも、今、知っている限りでは男はぼくだけです。だからこそチャンスもあると思うんですけど。
 よく「料理は女性の領分と思われがちだけど、一流のコックは男が多い」なんて言われますが、通訳に関しては、一流の女性も多いようです。才色兼備という点に関しても、その通りだと思います。容貌はともかく、知性美ってありますよね。
 留学一般ということになると、女性が多いのかどうか、気にしたことがないのでわかりません。年齢に関しては、自分の決断がすべてでは? ただし実行してしまえば、少なくとも行くべきかどうかの悩みはなくなるでしょう。
 30歳代の留学が20歳代とは違う決意がいるのは間違いないと思います。人並みのことしかしなければ、人並みの結果しかないと思うので、ぼくは行きます。無論、リスクは承知の上です。
 今から準備をなさるなら、英語だけでなく、内外の奨学金情報なども収集されることをお薦めします。来年の分は、もう締め切られているところもあります。

Posted by: 石塚 | 07/03/2005 at 04:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/4773534

Listed below are links to weblogs that reference また失敗:

« ゴッホ飴 | Main | こんにちわ(1) »