« Opened my eyes | Main | Help! »

04/30/2005

Air hockey

ちなみに私が留学するのは、バース大学というところ。すごく有名な大学というわけではないのかもしれないが、自分の目的にはかなっている。

日本の大学で、通訳の理論や技術を教えるところは、まだそれほど多くはない。通訳、とくに同時通訳が導入されてからの歴史の違いなどもあり、ヨーロッパでは大学院での通訳養成や理論研究は充実している。だからできればイギリスで通訳修行の仕上げをしたかった。ただし、ヨーロッパで通訳と言えば、母国語のほかに二つ以上の言葉を使いこなせるのが普通だ。英語と日本語だけで受け入れてもらえる大学は、世界中探しても数えるほどしかない。イギリスでは、ほかにリーズニューキャッスルの大学院に英日の通訳コースがあるが、バースは入学時の英語の要求水準が一番高かったので、ここに決めた。

バースは、ロンドンから電車で西へ九十分ほどのあまり大きくない町だ。古代ローマの時代に見つかった温泉があることで有名な観光地で、この地名が風呂(bath)の語源にもなったとのこと。ユネスコの世界遺産にも選定されている。首都圏に近い古い温泉街ということでは、日本の熱海みたいなものか。たぶんそうだと思う。

 ということは、一年もバースに滞在すれば、毎日温泉につかって、お肌はすべすべだ。そのうえ、湯上りには浴衣を着て、エアホッケー。ほら、あの卓球台くらいの大きさの台の上で、直径十センチ位のプラスチックの円盤を打ち合って、相手のゴールに入れるやつ。当然、毎日、エアホッケーに打ち込むわけだから、日本に戻ってくるときには、達人になっているはずだ。

 こうして私は、実用的な人間になるという目標にむかって、大きな前進を果たすことができる。フランクリンも真っ青。

|

« Opened my eyes | Main | Help! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102782/3933348

Listed below are links to weblogs that reference Air hockey:

» ローマ [ローマについて]
ローマローマ(羅馬、''Roma'')は、イタリアの首都。ラツィオ州の州都、ローマ県のイタリア共和国の県|県都でもある。イタリア半島中部、テヴェレ川の河畔、海岸よりは10kmほど内陸に位置し、歴史的中心にはパラティーノ、アヴェンティーノ、カピトリーノ、クイリナー... [Read More]

Tracked on 05/15/2005 at 02:57 PM

« Opened my eyes | Main | Help! »